整形

胸を豊かにする手術とは

女性

美容外科クリニックで行なわれている豊胸手術の方法は、3種類に大別することができます。どの方法で手術を受けるかによって豊胸効果の持続期間が大きく変わってきますので、よく考えた上で受ける手術の方法を決める必要があります。

詳細を確認する...

脂肪注入法の手術について

整形

なるべく自然に近い方法でバストアップしたいと希望している人によく利用されているのが、脂肪注入法による豊胸手術です。自分の体から採取した脂肪を使って胸を大きくしますので、アレルギー反応が起こってしまう心配がありません。

詳細を確認する...

バストアップ手術について

胸

胸が小さいというコンプレックスを解消したい人は、美容外科クリニックへ行って豊胸手術を受けるようにするのが一番です。ただし、豊胸手術は保険が効きませんので、かなり高額の出費を迫られるということを覚悟しておく必要があります。

詳細を確認する...

バストアップを考える

整形

日本人をはじめ東洋女性は欧米女性に比べて骨格が華奢なこともあり、どうしても身体の厚みがない体型になりがちです。そのため、バストやヒップの凹凸がなく、これが大きな悩みという女性が少なくないとされています。特に、バストは女性らしさを象徴する部分とあって、バストアップを期待する人は非常に多くなっています。ちまたでは、バストアップを図る体操やサプリメントなどが話題になりますが、誰もが満足する成果を上げるのは難しいのが現状のようです。そんな中、確実なバストアップが期待できると言われているのが美容外科による豊胸術です。美容外科の豊胸術には、最も有名な胸にシリコンバッグを挿入する方法だけでなく、メスを使わずヒアルロン酸を注入する方法、脂肪を注入する方法があり、状態やどのくらいサイズアップするかによって様々な選択が可能となっています。たとえば、シリコンバッグを挿入する豊胸術は、半永久的な効果を望む方、または2カップ以上のサイズアップを望む方に最適な方法です。一方、メスを使わないヒアルロン酸注入法は、最近特に人気が高まっている豊胸術です。こちらは、胸の切開手術を行わず、注射にてヒアルロン酸を注入していく方法で、施術時間はわずか10分程度で手軽に自然な大きさのバストアップが図れます。最後の脂肪注入法は、バストアップとスリムアップが同時に図れる方法です。お腹や太ももなどについた余分な脂肪を吸引しそれを胸に注入するもので、自分の脂肪であることからアレルギーの心配がなく、また乳房は元々脂肪なこともあって最も自然な感触であるとされています。

美容外科の豊胸術は、各々工夫することで希望するイメージに近づけることができるとされています。中でも最も選択肢が多彩とされるのが、シリコンバッグ挿入法です。人の胸の形は千差万別で、それを理想の形や大きさに近づけるには挿入するシリコンバッグにも工夫が必要です。そのため、シリコンバッグの形や大きさは数十から100種類以上用意されているのです。また、バストの状態によって挿入する場所も選択でき、たとえば大きくバストアップを望む人には乳房の奥の大胸筋の下への挿入が効果的とされています。ヒアルロン酸注入法では、注入する場所や量を変えることでより理想のバストアップが可能です。たとえば、1サイズくらいのバストアップを望む場合は、胸全体にヒアルロン酸を注入します。また、加齢や授乳によりバストが下垂した状態の人には、胸の上部に注入することでハリのあるバストを回復することができます。この他、谷間に注入して強調するなど、希望によって様々な箇所に注入が可能です。なお、ヒアルロン酸は2年ほどで自然と身体に吸収されてしまうため、バストアップを継続するには再施術が必要です。最後の脂肪注入法は、異物を自分の体に入れることに抵抗がある人に推奨されます。先にあげたヒアルロン酸は元々人の身体にあるものなのでこちらもアレルギーの心配はほとんどありませんが、自分の脂肪の場合はさらに高い安心感があるため、こちらを選ぶ人も少なくないようです。なお、脂肪の定着率は5割程度と言われています。また、こちらもヒアルロン酸注入法同様、注入する場所や量を変えることで希望する大きさや形を追求することができます。